在宅ワーク

主婦の在宅ワーク、安全な仕事の探し方。おすすめの職種も紹介

子どもがいるとなかなか外に働きには行けないですよね。そんな人におすすめの働き方が在宅ワークです。小さな子供がいても自分のペースで働くことができると近年注目されています。この記事では人気の在宅ワークのお仕事から安全な仕事の探し方、ちょっと気になる内職との違いなど、在宅ワークの基本を解説します。

在宅ワークってどんな仕事?

janeb13 / Pixabay

子どもを妊娠・出産する前はバリバリ社会で働いていると、「子育ても楽しいけれど何か物足りない…」「自分のお小遣いが欲しい!」「DINKS時代のように貯金をしたい!」と思う人が多いのではないでしょうか。

でも、現実は保育園にはなかなか入れられないし、子育てにも力を入れたい、となかなか外に働きに出るのは難しいですよね。

一昔前までは、「家での仕事=内職」というイメージでしたが、最近はクラウドソーシングを活用した「在宅ワーク」という働き方が子育て中のママを中心に人気を集めています。

ここでは、今更聞けない「クラウドソーシング」の仕組みと「内職と在宅ワークの違い」についてお話しします。

在宅ワークとクラウドソーシング

クラウドソーシングとはインターネットを通して、クライアントとワーカー(労働者)が仕事を依頼したり引き受けたりすることを言います。オンライン上のお仕事紹介とも言えます。

「クラウドワークス」や「ランサーズ」といったクラウドソーシング仲介の会社を通すことで、パソコンとインターネット環境があれば、専業主婦でも簡単にお仕事を始めることができます。

こちらの個人情報を明かさずに、仕事探し・業務・納品・支払いまで、サイト上で一貫してできるのも魅力です。

主婦でもできる主な在宅ワークには、データ入力、ライティング、データ収集、テープ起こし、口コミなどの簡単な文章作成などがあります。
もちろんデザインや経理など、特別ざな知識や技術がある人は、そちらを活かしたお仕事を引き受けることもできます。

パートとの違い

pedroserapio / Pixabay

パートは勤める会社と「雇用契約」を結んで仕事をしますが、在宅ワークの場合、クライアントとワーカーの間に雇用契約は存在しません。代わりに「業務委託契約」を結んでお仕事をすることになります。

税制上の違いもありますが、仕事をする上での大きな違いは、報酬の支払い方にあります。パートの場合、1時間いくらの時給制ですが、在宅ワークの場合、委託された業務を終わらせることで報酬が発生します。

たとえば、記事を1本1000円で書くという仕事を引き受けた場合、記事1本を納品した時点で報酬が発生します。記事を書くのに費やした時間は報酬の対象にはならないので、1時間で1本の記事を書ければ、時給換算すると1000円の仕事ですし、1本の記事を書くのに5時間かかれば時給換算すると200円の仕事ということになります。

パートのように何もしなくても(そんな仕事はないと思いますが)、時間がたてば給料がもらえるわけではなく、自分の仕事量に応じて報酬が支払われるのがパートと在宅ワークの最大の違いです。

内職との違い

在宅ワークがパソコンやインターネットを介して行われることに対し、内職はパソコンやインターネットを必要とはしません。

一般的に内職(家内労働)は、企業や工場から物品の加工や製造を家で請け負うことを指すことが多いようです。仕事はするときは、自分で企業(工場)に必要な材料を取りに行き、家で作業、作業が終わったら納品に行くパターンと、企業の担当者が家まで材料を運んでくれ
て、終わった製品を受け取りに来てくれるというパターンがります。

主な仕事内容は、シール貼りや商品の袋詰め、簡単な商品の製造などがあげられます。通信教育の採点業務なども内職にあたることがあります。

人気の内職と仕事の探し方

シール貼り

coyot / Pixabay

初心者でも始めやすい内職の代表格といえばシール貼り。
宛名シールやバーコードのような大きなサイズから、小さな部品に貼るような仕事まで、さまざまな難易度の仕事があります。

部品の誤飲の心配や汚れ厳禁の仕事もあるため、小さなお子さんがいるうちでは、内職部屋の確保など事前準備が必要です。

シール貼りの相場:0.1円~

袋詰め

定番人気のお仕事といえば袋詰めです。

クライアントから依頼されたものを袋に詰めていくお仕事。
単価も安いものから、慣れれば時給1000円を超すようなものまで様々あります。

袋詰めの相場:0.4円~20円程度

製品加工

単価が高い内職を探しているなら製品加工がおすすめ。
製品加工の難易度によって単価が変わります。

ビーズなどの細かい作業になると、100円を超えることも!?

製品の相場:0.3円~100円程度

主婦内職サイトやハローワークで探す

続いて内職の探し方です。

家の周りが工場地帯だという人の場合、工場の壁などに「内職募集」の張り紙があったりするので、足で探すのも一つの方法です。
どこに工場があるのかわからい、という人はインターネットの主婦内職サイトやハローワークの内職求人をあたりましょう。

人気の在宅ワークと仕事の探し方

データ入力

FirmBee / Pixabay

初心者でもOKの在宅ワークといえばデータ入力です。

入力する内容は様々。レシートを打ち込んだり、名刺を打ち込んだり、クライアントから依頼されたことについて調べてスプレッドシートにまとめる、などもあります。

しかし、在宅ワークの中でもかなり単価が安いので、ライティングなどの方が効率よく稼げます。当然ですがタイピンスピードが収入に直結します。

データ入力
情報収集アリ:1件10円~50円程度
情報収集なし:1文字0.1円~

ライティング

文章を書くのが苦にならない人はライティングのお仕事がおすすめです。

私もライティングをするようになってから、月の収入が安定してきました。ライティングのテーマは様々で、ママでも書きやすい子育て系から、金融知識の必要なものまで様々です。

単価はクライアントの規模や、テーマの難易度、文章力によって変動します。

初めてライティングをやるという人は、自分の書きやすいテーマで1文字単価0.5円前後、丁寧に指導してくれるクライアントを探しましょう。
文章力がついてきたら、難易度の高い案件にチャレンジしていくと、効率よく収入を上げられます。

ライティング:1文字単価 0.1円~3円
1文字単価が1円を超す案件は即戦力が求められる。

クラウドワークスなどクラウドソーシングの会社に登録

クラウドソーシングの環境が整備されてきたので、初めてでも簡単にクラウドソーシングが始められます。クラウドソーシングでは「クラウドワークス」か「ランサーズ」に登録している人が多いです。

どちらも基本的なシステムは一緒なので画面の使いやすさや雰囲気で選んでいいと思いますよ。

個人的にはクラウドワークスの方が案件が多いような気がします。
ちなみにどちらに登録しても、お仕事を引き受けた後の報酬からシステム利用料が20%ひかれます。これが結構デカイです。

スマホからでも簡単登録

stevepb / Pixabay

どちらもスマホから簡単に無料登録ができるので、とりあえず登録をしてどんな案件があるか見てみるのもおすすめです。

安全な在宅ワークの見極め方

geralt / Pixabay

実際に在宅ワークの案件を見てみると、「え?これって大丈夫なの??」というようなお仕事が結構あります。もちろんある程度はクラウドソーシングの会社もチェックしているのでしょうが、中にはグレー(黒?)と思うようなお仕事も…。

そのようなお仕事を受けてしまうと、あとから自分の個人情報が流出したり、法律違反の片棒を担ぐことにもなってしまうので、依頼を受けるかどうかは自分の責任で必ず調べるようにしてくださいね。

ここからは私が依頼を受けるときに気を付けるチェックポイントを解説します。

クライアントは個人か法人か

クライアント情報に書かれている内容を見ると、なんとなく「個人で依頼しているのかな」とか「システマチックだから法人かな」と想像がつくはずです。

個人的には初心者ほど大手の法人クライアントをおすすめします。大手であれば報酬システムも細かく決まっていますし、報酬アップのチャンスも豊富です。また、数年までのWELQ事件の影響で、それなりにコンプライアンスもあったりします。

個人のクライアントの依頼は一度だけ受けたことがありましたが、初回から報酬支払の段階になって直接契約を持ちかけられたり、画像の無断転載を強要されたりとあまり良い思い出はありません(どちらも断りましたが)。
良い人に当たれば長いお付き合いになるのかもしれませんが、当たりはずれは大きいと思います。

また、企業に比べると報酬額も低めで、単価アップもしづらいです。

依頼内容を確認

一番大事なのがここですね。
誰でもできる割に相場以上の単価のものは危険です。

後は募集の段階ではわかりませんが、テストの段階で「画像の無断転載」「他者サイトのコピペを推奨」するようなクライアントも絶対にやめた方がいいです。
WELQ事件の後、まともなクライアントであればコピペや画像に関してはかなり神経質になっているはずなので、このようなことをワーカーにお願いするような案件は引き受けないことをおすすめします。

評価を確認

最後はクライアントの評価を確認しましょう。

クラウドワークスの場合、通常★4~が目安です。それ以下の場合は何かしら問題のあるクライアントの可能性が高いので、お仕事を引き受けるときは注意が必要です。

自分の勘を大切に

最後に大切なのはやっぱり自分の勘。
個人的には迷った挙句に引き受けた仕事は、のちのち「あちゃー」と思うことが多いです。

「やばいかな?」と思ったら、トライアルに合格した後でも引く勇気が必要です。

安心・安全な仕事を見つけて楽しく在宅ワーク

cuncon / Pixabay

とはいえ、私自身ほとんどのクライアントは良い方たちばかりでした。数年にわたってお仕事させていただいているところも複数あります。

在宅ワーカーは個人事業主である以上、最後は自分の責任です。

こちらで紹介したお仕事選びのポイントを参考にして、安心安全の優良クライアントをぜひ探してみてくださいね。